より有利になる証拠を


不倫とは異なり、婚姻届のない者同士の場合は慰謝料請求をすることは難しいとされています。婚姻関係のあるもの同士である夫婦であれば、結婚した時点で結婚相手以外の者と性的に交わってはならないという義務が発生します。しかし浮気の場合には、どこからどこまでが浮気となるのかは個人の裁量によって異なり、判断することが難しいとされています。そのため、法律でも浮気による罰則というものはないと言われています。浮気されたことによる精神や身体的ダメージによる影響を受けてしまった方に関しては例外もあり、慰謝料を請求することができるようになっている場合もあります。この慰謝料請求を成功させるための方法を考えるために必要なことは、浮気する側の気持ちを考えることと浮気した本人と今後どうなりたいかがポイントとなってきます。この今後どうしたいかというのは、浮気が発覚してこれから離婚するのかそれとも関係修復していきたいのかになります。

カメラ多くの方は、浮気が発覚した時点で浮気した本人とは決別する離婚を選ぶ方も少なくありません。ですが、場合によっては、まだ気持ちの整理がつかず、きっぱりと離婚することに対して迷いのある方もいます。そんな場合はもし、慰謝料を請求するための証拠を集めていたとしても黙って冷静に判断することが重要になってきます。一方で、もう、離婚しようと決めている場合でも、ぎりぎりまで、慰謝料請求の証拠集めに関することを匂わせることはおすすめしません。なぜなら、浮気している本人の考え方や性格にもよりますが、ストレートに追求したとしても正直に言ってもらえるとは限りません。この場合は黙って証拠集めをすることがより慰謝料を請求しやすくするためのポイントになります。そこから必要な証拠と自分の気持ちが決まり次第、解決させるために弁護士に相談しやすくなります。

参照情報⇒アディーレ:浮気・不倫慰謝料請求